一般社団法人 まほろば東京(融合療法研究会)

自律神経失調症 頭痛 めまい 耳鳴り 婦人科疾患 不妊 生理痛 神経痛 慢性疼痛 鍼灸はりきゅう治療 アロマテラピー

アロマテラピー

アロマテラピー

アロマテラピー

芳香心理相談

(1)良導絡自律神経測定

良導絡自律神経を測定して体のバランスを調べます。

良導絡チャート

(2)心理テスト

●TMIで身体と自律神経のバランスやエゴグラムを行います。
●精神状態や体質に合うアロマの精油を選んでいきます。

心理テスト

●TMIで、どの症状を多く訴えているかを示したグラフです。

TMI

●性格特性のエゴグラムをグラフにしたものです。

エゴグラム

(3)症状に応じたアロマブレンド

心理テストに最近の精神状態や体質を基に下の表をから精油を選んでいきます。

精神状態だけでなく痛みや眼精疲労、鼻炎、生理痛などの緩和ケアに効果的です。

ブレンド表

(4)Space perception therapy (エネルギー療法)

●旅行などで自然な環境に触れた時、
からだが軽くなったとか体調が良くなったという経験はありませんか。  
その夜は良く眠れたとか、朝食がとてもおいしく感じた事はありませんか。 

この時、身体の周りにある違和感(負のエネルギー)はクリアーになっていることが多いです。
  
オゾン

これは、植物の香りとその成分であるテルペンとマイナスイオンが作用しています。
治療室でこの様な環境を作り上げ治療するのを空間知覚治療といいます。

●人間の周囲や内部に存在するとされするエネルギーに作用させる治療法

空間知覚

負のエネルギー

音叉

ミスト

エネルギー

イラストにすると、この様な感じでしょうか。

イラスト

千尋の滝

千尋の滝

*レナード効果(レナードこうか、Lenard effect)は、
水が急激に微粒化されると、大きい水粒子は正に帯電して落下し、
小さい水粒子は負に帯電して周りの空気を負に帯電させる現象。
フィリップ・レーナルトによってこの現象が物理学的に説明された。
日本語ではLenardの英語読みからレナード効果と記述されることが多い。
大気電気学では局所的な電離作用の一つ、
静電気学では噴霧帯電あるいは分裂帯電と考えられている。
(ウィキペディア フリー百科事典より)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional