一般社団法人 まほろば東京(融合療法研究会)

自律神経失調症 頭痛 めまい 耳鳴り 婦人科疾患 不妊 生理痛 神経痛 慢性疼痛 鍼灸はりきゅう治療 アロマテラピー

融合医療とは

融合医療(Fusion) とは

日本では、ほとんどの人が西洋医学に鍼灸や漢方薬を取り入れる事を、
統合医療だと考えています。
これは、東西の融合であり東西医療といいます。
日本は、まだここで論議をしています。
海外ではこれに健康食品やカイロプラクティック、
アロマテラピーなどが加わる新しい医療体系がありこれを代替医療または、補完医療といいます。
しかし、統合医療とは、これにレイキや気功も加わり、
さらにそれらを治療するヒーラーの存在も取り入れています。

融合医療とは、心身一体の東洋的医療と心身二元論からの臓器中心医療とを融合し、完全な人間的医療を確立するもので、民族伝統医療で有効なもののみを採択し有害又は無効な治療、生薬や信仰を無作為臨床試験により排除する点が、総ての民間医療を認める統合医療とは異なる
(元ニューヨーク医科大学臨床外科教授、国際融合医療協会理事長 廣瀬輝夫)

※宗教に関しては信仰の自由であるため我々の治療では使いません。 
なので宗教色はありません。

融合医療

私どもは、アメリカ国立衛生研究所の統合医療の分類を元に治療をしています。

①代替医療システム - 鍼灸治療(良導絡治療・鍼灸-デトックスなど)
②心身医療システム - 芳香心理相談
③生物学的治療法  - ハーブ・アロマ・健康食品など
④手技療法や身体を介する方法 - 筋反射・関節可動域調整
⑤エネルギー療法  - 空間知覚治療・マイナスイオン治療

アメリカ分類

東京家政大学教授 中村信也 (医学博士・整形外科医) 監修

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional